北区のごみ分別について

最近不思議だな、と思うのは、地域によってごみの分別の仕方が違うことです。

事細かに決まりがあり、十何種類もの分別がある地域や、え、これが可燃物なの?と思ってしまう分別をしている地域。

何でそんなに違うのでしょう。

各地に設置されているゴミ処理場。

そのパワーによって処理出来る物が違うからだそうです。

北区では、とってもシンプルなごみ分別の仕方でした。

プラスチック、ゴム、革製品って、不燃、可燃、どちらなんだろう?と迷うことはありませんか。

私は、プラスチック(詳細)とゴムは不燃物だと思っていたのですが、北区では平成20年より可燃ごみとなったようです。

不燃ゴミとしては収集してもらえないので、注意が必要です。

なので、CDや発泡スチロール、お菓子の袋なども可燃ごみで良いのです。

私の実家の方ではそれらは不燃ごみの扱いになりますので、地域によってこんなに違うんだ、と思いました。

シンプルにごみの分別が出来るのは、毎日忙しい主婦にとっては有難いですよね。